CADより手書きの方がいい?手書き製図のメリットとデメリット


低コストで始められるのが魅力的なポイント

CADを導入するためには高額な初期費用が必要となります。便利なアイテムではありますが、会社の資金力が低い場合はコスト削減を意識するため、CADの導入は難しくなります。それに対して手書き製図の場合は低コストで始められるというメリットがあります。手書き製図の場合は鉛筆や消しゴム、定規、分度器といった必要最低限のアイテムが揃えば、いつでも作業が始められます。これらのアイテムは価格の高いものではないため、予算が少ない中でも手書き製図を行うのは可能でしょう。CADの場合はパソコンが故障してしまうと使えなくなりますが、手書き製図の場合は鉛筆や消しゴムを失っても新しい商品を買い直せば作業が続けられるというメリットもあります。CADは停電が起きると作業が中断してしまいますが、手書き製図の場合は日中であれば作業を続けることも可能です。

作業効率が低いのがデメリット

手書き製図の場合は修正作業が遅れるという問題があります。手書き製図は必要のない線分を見つけたときに消しゴムで消す作業を行います。必要な線分まで消してしまうと線を引き直すことが求められるので、その分の時間ロスが発生します。また手書き製図の場合は人の手で線を引くことになるので、線の引き方にクセが出ることがあります。引き継ぎ作業が必要になったときに、そのクセが原因で図面が読みにくくなる可能性があるでしょう。手書き製図は紙の枚数が増えると保存スペースに困ってしまうというデメリットもあります。これらのデメリットが気になる人はCADの導入を検討するのも良いでしょう。

電気CADは高価な商品のため、試用版などを活用してトライアルをして見極めることが重要です。トライアルはメーカーがサポートしてくれます。