照明を選ぶならLEDが良い!LED照明の魅力的なポイント


消費電力が少ないのが魅力的なポイント

白熱電球よりもLED照明の方が少ない電力で明るい光を放出できるのが魅力的なポイントです。消費電力が少ないので、他の電球よりも年間の電気代が安くなるのも嬉しいポイントだと言えます。消費電力だけでなく二酸化炭素の排出も少ないので、地球環境に優しい商品を使用したい人にも適したアイテムだと考えられます。低コストで利用できるため、公共施設や店舗のような多くの照明が必要な場所にもLED照明が使われることが多いでしょう。

LED照明は寿命が長いのも良いポイント

白熱電球は1000時間から2000時間、ハロゲン電球が3000時間から4000時間、蛍光灯が9000時間から12000時間といったものが、それぞれの電球の寿命に関する目安になります。これに対してLED照明の場合は約40000時間が寿命の目安になっています。この数字を目安にした場合、1日の使用時間が長い場合でも4年以上は持つ計算になるでしょう。LED照明へのダメージが少ない場所で1日の使用時間が短ければ、さらに長持ちします。トイレのような長時間の使用が少ない場所でLED照明を使えば、10年以上持つ可能性もあるでしょう。

LED照明は発熱が少ない

LED照明は発熱が少ないのも魅力的なポイントです。発熱が少ないため、電球を交換するときに手を火傷してしまう危険性が低いと考えられます。発熱量が少ないことで衣服類の色褪せが起きにくいのもメリットの1つです。またLED照明は赤外線や紫外線の量が少ないのも特徴的なポイントだと言えます。赤外線や紫外線の量が少ないことで、電球に虫が集まってくる可能性も低くなるでしょう。そのため虫が苦手な人は室内にLED照明を使っておくのが効果的だと考えられます。

LEDライトパネルは、商業施設の看板や電飾に使われるだけでなく、日常生活に欠かせない照明器具にも取り入れられています。